HOME コンサート情報 メンバー メンバー メンバーのコンサート リンク

   〜 since 1992 〜









Information

ニューイヤーコンサート2017
当日券のご用意がございます。多くのみなさまのご来場をお待ちしております。[2017/1/14]

ヤン・ヴァンデルロースト〜マイルストーンズ《60歳記念3枚組CD》の発売が開始されました。鈴木孝佳&タッド・ウインドシンフォニーの演奏による『いにしえの時から』も収録されております。http://item.rakuten.co.jp/bandpower/cd-4056/[2016/7/7]

第24回定期演奏会の日程が、2017年6月9日(会場:ティアラこうとう)に決定しました。[2016/7/6]



チラシPDFダウンロード

お問い合せ
tadsax@sepia.ocn.ne.jp



タッド・ウインドシンフォニー TAD Wind Symphony

タッド・ウインドシンフォニーは、従来の慣例に捕らわれない新しい吹奏楽の響きを求めて、1992年に結成されたシンフォニック・ウィンドオーケストラです。音楽監督には、当時米ネバダ州立大学ラスベガス校教授であった鈴木孝佳氏を招き、メンバーはオーケストラや吹奏楽において活躍中の演奏家によって構成されています。 鈴木氏の斬新なアナリーゼによる音楽表現と、タッドウインドシンフォニーの持つ重厚かつ新鮮なサウンドは、これまでに開催されたコンサートやCD等によって、国内は元より米国においても高い評価を得ています。 2007年よりリリースしているCD「タッド・ウインド・コンサート」シリーズは、各国の放送局で取り上げられたほか、全てのアルバムが米メリーランド州にあるA.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)リサーチセンターのアーカイヴ・コレクションに選定され、広く一般に公開されています。



音楽監督・指揮:鈴木孝佳 Takayoshi Suzuki

東京コンセルヴァトワール尚美(現、尚美ミュージックカレッジ専門学校)及び東京藝術大学でトロンボーンを専攻し、伊藤清、ヘルマン・エンディヴァルト(ベルリン音楽院教授)の 両氏に師事。指揮法を小林研一郎、汐澤安彦の両氏に学び、レナード・バーンスタインやアンドレ・プレヴィンの門も叩く。在京オーケストラ等での演奏活動の後、指揮者、指導者の道を歩み、福岡工業大学付属高校(現、福工大附属城東高校)吹奏楽部を率いた全日本吹奏楽コンクールでの活躍や、英米における演奏は今も語り種。退任後、アメリカより乞われ、カリフォルニア州立大学ロングビーチ校客員教授となる。その後、ネバダ大学ラスベガス校大学院教授として2011年5月退任までの15年間、教鞭をとる。 推挙により日本人初の米国吹奏楽界の頂点、A.B.A.(アメリカン・バンドマスターズ・アソシエーション)の正会員となる。ニューヨークのザ・ユナイテッドブラス、東京のTADウィンドシンフォニ−の音楽監督・指揮をつとめ、国内外各レーベルから多数のCDをリリース。国内外からの委ねられる数多くの初演を手掛けるなど、ウインド・ミュージックの世界でもっとも影響力のある指揮者の一人である。